レーザー脱毛のメカニズムと適している部位

レーザー脱毛で使用されるレーザーは、波長の長さによって特定の色のみに作用するという特徴があります。

その特徴を生かし、集中的に特定部分に熱を与えて組織を破壊します。

ホクロやシミがキレイに治るのもこのレーザーのおかげです。

医療レーザー脱毛は、皮下の毛の色、黒いメラニン色素めがけてレーザーを照射し、毛や毛を育てる毛母細胞を破壊して永久に毛が生えてこないようにするものです。

ただ、レーザー脱毛は体中のどこでも照射できるわけではないのです。

レーザーの特性として、黒くて太い毛ほど効果が高いので、顔や手の甲などのうぶ毛は効果が期待できません。

また、レーザーは黒いものに反応するので、色素沈着が濃い乳首などにはレーザー脱毛は向いていません。

そしてレーザー脱毛をするときに注意したいのは「日焼け」です。

日焼け後の肌はメラニンの量が増えます。

そこにレーザーを照射すると、肌の表面にレーザーが反応し、熱が毛球に伝わらずに脱毛できないこともあり、さらにやけどをしてしまう危険もあります。

日本医学脱毛協会では、日焼してから3ヶ月経過するまではレーザー脱毛はしないと定めているそうです。

レーザー脱毛に適している部位は下記のとおりです。


【ワキ】

確実にレーザー脱毛の効果を出せる部位です。
脱毛後は毛穴がすべすべになり、毛穴が引き締まります。


【腕・脚】

レーザー脱毛には適していますが、毛が薄い人は難しい場合もあります。


【ビキニライン】

毛が濃くて太いため、施術時は痛みを伴う場合もあります。
脱毛後は冷却して腫れを和らげるようにしましょう。


【顔】

顔は全体にレーザーを照射しても大丈夫です。
男性のヒゲは時間がかかります。


【背中】

背中は全体にレーザー照射可能です。
ただし、うぶ毛は難しいかもしれません。

   スポンサードリンク
  







▲[レーザー脱毛のメカニズムと適している部位]上にもどる

はじめての方へ

脱毛・ムダ毛処理の基礎知識

ムダ毛の自己処理方法

レーザー脱毛

脱毛・ムダ毛処理Q&A

脱毛・ムダ毛処理用語集

自宅で脱毛!

エステで脱毛!

エステ並の脱毛器

美容・脱毛関係リンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 ムダ毛処理・脱毛ガイド. All rights reserved