背中・ワキの下のムダ毛処理方法

背中のムダ毛処理方法

背中のムダ毛は自分で見えにくい部分なので、水着や露出の多い服を着る前には必ずチェックしましょう。

顔用シェーバーを使えば刃にセーフティーガードが付いているので、傷を付けたり深剃りしてしまう心配がありません。

毛量が多い場合は除毛クリームや脱毛剤の方が簡単でキレイに処理できます。

また、処理した後は日光を避け、刺激を与えないよう注意しましょう。

ローションやクリームなどで保湿することも忘れずに。


1.首の後ろのムダ毛処理

最初に首の後ろの部分から処理します。
あいている方の手で皮膚を押さえながら、シェーバーをあてます。
鏡を見ながら剃り残しがないように。


2.肩上から背骨部分のムダ毛処理

肩上から背骨の方向へ斜め下へ向かって生えている毛の流れに沿って動かします。


3.腕の裏側のムダ毛処理

最後に腕の裏側の部分の処理をします。
肩上から斜め下へ刃先を動かして剃ります。


ワキのムダ毛処理方法

ワキの下の毛は、生えてくる方向がばらばらなので、きれいに処理するのが難しい部分です。

また、毛の成長スピードが速いので、こまめに処理しないとすぐに新しい毛が生えてきます。

最近は一度に脱毛できる電気脱器があるので、毛の量が多い人には便利だと思いますが、ワキの下の肌は敏感な部分です。

処理の仕方によって肌トラブルになる可能性もあります。

自分のワキの下の毛質や量によってどの処理方法にするか選択することが重要です。


カミソリ

ワキの下の中央部分から毛の流れに沿って上下方向に剃ります。
石けんやシェービング剤を使うのを忘れずに。同じ場所を繰り返し剃って肌を傷めないよう注意しましょう。


除毛クリーム

表皮の上に出ている毛を溶かすので、持続期間は短め。
使用前には必ずパッチテストをしましょう。


電気シェーバー

毛の流れを考えずにきれいに剃ることができるので便利です。
肌をガードしながらムダ毛だけ処理してくれるタイプのものも販売されています。


毛抜き

ムダ毛が少ない方や毛質がやわらかめの方にはおすすめ。
根元か脱毛できるので持続期間は長い。
お風呂上りの毛穴が開いている時はよりスムーズに抜くことができます。
ただし、黒ずみの原因になりやすいので、肌を引っ張らないよう注意しましょう。


電気脱毛器

最近は乾電池式タイプのものもあります。
短い毛や埋没毛も残さず処理できるものも。

   スポンサードリンク
  







▲[背中・ワキの下のムダ毛処理方法]上にもどる

はじめての方へ

脱毛・ムダ毛処理の基礎知識

ムダ毛の自己処理方法

レーザー脱毛

脱毛・ムダ毛処理Q&A

脱毛・ムダ毛処理用語集

自宅で脱毛!

エステで脱毛!

エステ並の脱毛器

美容・脱毛関係リンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 ムダ毛処理・脱毛ガイド. All rights reserved